なるちゃんの記録

私とうさぎの暮らし。

なるちゃんのトイレ事情

うさぎさんはトイレを覚えます。

 

きれい好きのうさぎさんは、自分が「ここ」と決めたところをトイレにする。

なるちゃんも今はトイレが完璧です。

ケージ内ではおしっこは必ずトイレ、うんちはケージ下のすのこにポトポト。

へやんぽ中は、興奮してこぼす以外、うんちもおしっこも全部トイレです!

 

なるちゃんはお迎え前からトイレが完璧だったり、

あんまり大暴れするようなこともなく、

「今いる子たちのなかでも一番落ち着いている子」だったようです。

 

大切なことなので、これもう一回言いますね?

 

「一番落ち着いて」

 

はい。

 

しかし、そのトイレを完璧に覚えるまでには時間がかかりました。

 

我が家にきたなるちゃん。

戸惑いがないように、ケージ内の配置を全部、

お迎え前のケージ内とほぼ同じ配置にしておきました。

 

するとどうでしょう。

初日から3日間、おしっこは完璧にトイレでしてくれました。

やっぱりなるちゃんは、もう「ここ」って決めているのがトイレなんだなと。

 

そして迎えた4日目。

牧草入れのそばに粗相。

トイレにはおしっこゼロ。

 

あら??

 

その後、毎日のように牧草入れのそばに粗相し、

ひどいときは牧草入れにおしりをのせて、牧草ごと粗相まみれに・・。

 

なるちゃあああああん!w

 

どうやら、新しいおうちに慣れてきて、トイレを忘れてしまったようです。

さてどうするか。

 

最初は、毎日朝夕掃除のときに、専用の消臭スプレーをかけていました。

それでも毎日粗相は続いていました。

 

ちなみに、へやんぽ中は緊張しているのか、

おしっこもうんちも出ていませんでした。時々粗相しちゃうだけ。

 

とりあえず、ケージのトイレ場所として牧草の下を気に入ったのなら、

トイレの場所を変えてあげようか・・・と、ケージ内を変更したら、

まさかの ブチ切れ大暴れ

 

一番落ち着いた子とは・・?というくらい大暴れ。

トイレはひっくり返り、ゴハン入れをぶん投げ、えらいこっちゃでした。

ま、お迎えしてからなるちゃんは少しずつおてんば娘感を出していましたw

いいよ・・・そういうところも・・かわいいよ・・・。

 

結局ケージ配置はすべてもとに戻し、牧草入れが汚れたら買い替え、

ケージは毎日朝夕拭き掃除。

 

そのときに、消臭スプレーより消臭効果がある「酢スプレー」を作りました。

 

お酢をお水で希釈するだけの簡単スプレーですが、

うさぎさんのおしっこはアルカリ性なので、

酸性の「酢」で消臭するのがよいと聞いたのです。

 

掃除のときに、いつもティッシュにおしっこをしみ込ませて、トイレに入れる。

トイレも、何も汚れてないけど毎日シートを変えて・・・。

 

トイレ砂のにおいでトイレを覚えることもあると聞いたら

ノキアというトイレ砂を買ってきて少しずつ入れてみたりして。

 

それをひたすら毎日繰り返し続けた結果。

お迎えしてから8ヶ月くらいして、トイレを覚えてくれたのです・・!

 

感動でした。

 

また、へやんぽのときも、何度か粗相してしまったところに

そっとトイレをおいてみたら、すぐにへやんぽトイレも覚えてくれました!

 

それがこちら。

毎日上手にトイレします。

一個だけ間に合わずにうんち落ちてるけどw

f:id:hachiboc:20190420092537j:plain

トイレの癖付けはうまくいかないこともありますが、

叱ったりせずに根気よく・・・。

 

なるちゃんがどうしたいのか、

どうすればトイレを記憶してくれるのか。

その子にあった方法がきっとあるはず。

 

とにかく粗相したところは徹底消臭して、

トイレにはにおいを少し残して「ここがトイレ」と教えてあげること。

まさに、継続は力なり・・・。

 

根気が必要だよね。

これからも色んなことを一緒に解決していこうね。

f:id:hachiboc:20190420095631j:plain

 

お読みいただきありがとうございました!

なるちゃん、牧草嫌いからの脱却

我が家のなるちゃんは、とってもグルメで、偏食家です。

 

そして、これは全うさぎさん共通だと思うのですが、

新しいロット(パッケージ)の変化にも大変敏感です。

なので、ペレットなくなりそうだな〜と思ったら早めに準備しておかないと

新しいパッケージ開封したら食べなくなった

という恐怖の出来事も、過去にありました。。。

 

なるちゃんの偏食っぷりは最近ようやく落ち着きましたが、

高級食材しか食さないわよと言わんばかりのお食事です。

 

現在のお食事。

 

<牧草>

・ウェートヘイ

・ゴールドチモシー(2番刈り)

 

<ペレット>

・コンフィデンス(獣医さん推奨)

ナチュラルファイバー(チモシーペレットです、高いです

 

だいたいメインのお食事はこれ。

そして、おやつやご褒美に、たまにあげるのが

・にんじん

・オオバコ(乾燥)

・セロリ

 

サプリとしてあげているのが

・ヘアボールリリーフ(毛玉解消のため)

 

以前までラクトバイトもたまにあげていましたが、軟便続きなのでとりやめ。

 

・・・とにかくなるちゃんは、偏食も昔からひどいもんですが、

牧草嫌い。

 

我が家にきてすぐの頃は、お店さんでずっと食べていた

チモシーの一番刈りを与えていました。

しかし、殆ど食べず・・・すぐ掘り出してすのこの下に落としていました。

 

チモシーの一番刈りをあげなきゃ!

という意識がどうしてもあり、どの飼育本にも、ネット情報にも、

みーーーーーんな一番刈り最強!と書かれているので、

最初は「どうにか一番刈りをたべてもらわなければ」と必死でした。

 

どちゃくそ高いチモシーも買いました。

ネットで評判の高いものもすべて買いました。

しかしどれも食べず、結局床材と化していました・・・。笑

 

そして最初にたどり着いた答えは、まず、

オーツヘイ。

 

オーツヘイはカロリー高いけど、嗜好性が高いので牧草のとっかかりにいい。

そう聞いて、早速買ってきたところ、もりもり食べる!

なかでも、ウーリーさんのオーツヘイはよく食べました。

ウーリーのセレクト牧草「オーツヘイ」850g

ウーリーのセレクト牧草「オーツヘイ」850g

 

 

しかしこれをメインにするわけにもいかないので、

どうしたもんか・・・と色々と考えていたところ、

うさ友さんから「ウェートヘイ」の存在を教えていただきました。 

 ※ちなみにうちの子は、この牧草市場さんのものが一番食いつきよく、

 ロットによって食べないということも今のところないです。おいしいみたい!

 送料無料になるよう6袋入りのものとあわせて買ってお得感もありますが、

 なにぶん、レビューにもあるように、粉の部分や食べられないところも多いです。

 捨てる部分が多いですが、お安く手に入るので継続してますが、

 もし購入されましたら、粉をできるだけ払ってあげてくださいね。

 かいぬしさんももしアレルギー体質だったら、粉は吸い込まないように気をつけて!

 

ウェートヘイはオーツヘイよりもカロリーが低く、かつ繊維質が多いので

うんちもすごく大きくなる。(実際めちゃ大きくなりました)

そして、オーツヘイほど甘くはないが香りが良いので嗜好性も高いのだとか。

 

しかし、ウェートヘイ100%の生活はさすがに無理なので、

しばらくチモシーと半々にしていましたが、チモシー食べずの生活。

ソフトプレスなどの柔らかい一番刈りもダメ。。。

どうせーっちゅうねん!!涙

 

そこで、いつもお世話になっているうさぎの専門店さんに相談したところ

 

「ゴールドチモシーは、牧草嫌いの子が突然食べるようになった!

 というくらい、好きな子が多いですよ。

 二番刈りのふわっとした感じが好きな子もいるし、

 一番刈りにこだわらなくてもいいんだよ。」

 

その言葉が後押しとなり、ゴールドチモシーを導入。 

アメリカンペットダイナー チモシーゴールド2番刈り680g
 

※補足ではありますが、ネットで買っていると時折ロットによって

 え、一番刈りちゃうの?みたいな変な固さのものが出てきたりします。

 できる限りショップで買うことをおすすめします。。。 

 

で、これをあげてみました。

するとびっくり。 

 

ゴールドチモシー、めっちゃ食べる。

 

えっなになに?

あんなに嫌がってたチモシーですよ?

 

うちの子はどうやら、柔らかいものが良かったようです。

 

やっぱり、性格やその子の体質によって、食べられるものが違う。

 

決して、一つの情報に惑わされずに、色んなものを試してみて、

その子にあうゴハンを見つけてあげることが大切なんだなと・・感じました。

 

探す間、たいっっっへんお金はかかります。

でも命をつなぐ牧草ですから。

たくさん食べられるものを見つけることが最優先ですよね。

 

ただ、正直なところ。

 

正直なところを言うとね。

 

 

出されたものは食べようぜ?

 

 

ま、そんな手のかかるところも可愛い我が子です。

f:id:hachiboc:20190418182222j:plain

あーかわいい。

 

お読みいただきありがとうございました!

うさぎの避妊手術 〜術後ケア〜

さて、なるちゃん避妊手術編も最終です。術後〜回復まで!

 

ちなにに、手術が無事終わり、当日帰宅後のなるちゃん・・・。

f:id:hachiboc:20190417090719j:plain

この状態、この表情のまま、うずくまって動かない。涙

ゴハンも、大好きなペレットも食べようとしない。お水も口をつけない。

 

いつも給水ボトルでお水をあげてましたが、

飲みにくいかと思ってお皿に入れて一緒に入れておくと、少し飲んだ!

これから手術を考えられている方へは、術後のために、

置き皿もしくはディッシュドリンカーを準備しておくとよいかも。

 

当日だし、ぼーっとしてるだろうから、と思ってなるべくそっとしておいて、

普段通りの環境にしてあげることにしました。

 

ちなみに、大好きなセロリの葉だけは迷いなく食べてくれたので、

セロリの葉にいっぱい水分つけて食べてもらいました。

食べられるお野菜を増やしておいてよかった・・・。

 

食べない・飲まないまま、この日は終わりました。

 

●術後1日目

牧草・ペレットは食べていないし、お水も少しも飲んでない。

お薬も口をつけず、ぼーっとしたまま動かない。セロリの葉だけは食べた。

 

痛みがひどいのか、うずくまって動かず、

さすがに何も食べないのは心配なので、この日のうちに病院へ。

 

なるちゃんのように神経質な子は、痛みにも敏感な場合が多いので、

様子見せずにつれてきてくれてよかった、と先生は仰ってくださいました。

 

点滴に痛み止めを含めていただき、強制給餌もシリンジ10本分。

「本当に食べたくなかったらもっと嫌がるけど、

 これだけ食べるから大丈夫だね!」

とハナマルいただき、この日は特に食べなかったり飲まなくても大丈夫、

明日くらいから回復していくといいね〜ということで帰宅。

 

帰って、痛み止めが効いたのか少しずつ動きが出てきて、表情も柔らかく。

相変わらずセロリの葉しか食べないけど、ホッとしたね。

 

●術後2日目

牧草食べてないけど、ペレットは1粒くらい食べたかな。

お水は相変わらずまったく飲めてない様子。

ゴールドチモシーを手から出してみたら1本だけ食べた。

 

まだうんちが出てないのも心配でしたが、食べてないし当然ね。

へやんぽのときにおトイレで少しだけちいさーーーいうんちが出た。

しんどいはずなのに、へやんぽのおトイレは必ずトイレに乗ってしてくれる。

なんていい子なんだ・・・・。

 

相変わらずセロリの葉だけもりもり食べたので、いつもより多めにあげてみた。

 

そしてこの日から、ペレットをふやかして出してみたり、

その中に大好きなバナナを混ぜてみたりしたけど、一切食べず。。笑

母の努力、報われず!笑

 

ええんやで。なるちゃんはなるちゃんのペースで元気になってや。

 

そして、この日の夜に、腹巻きを齧ろうとしたので、少し早いけど腹巻き解除。

 

前回の記事 に書いていた先生の言葉の通り、

慎重にハサミをいれてカットしたあと、よーし剥がすz・・・・

 

あれっ

めっちゃ毛くっついてるやん。

 

えっめっちゃ毛くっついてるやん。

 

毛を慎重にとりながら少しずつ剥がしてたら、イラッとしたなるちゃんが

「もういい!どけ!私が剥がす!!」

勢いづいて走り出して、腹巻きとれたはいいけど、

 

毛がいっぱい・・抜けました・・。

ご、ごめんな・・なるちゃん・・・

f:id:hachiboc:20190417093341j:plain

 

●術後3日目

ペレット食べず、お水飲まずですが、牧草は少し食べてた!

ウェートヘイだけ齧った形跡あり! セロリもがつがつ。

f:id:hachiboc:20190417093300j:plain

お水飲まないのが心配だけど、セロリでなんとかカバー。

 

腹巻きとってから動きも少し軽快になってきた。

指にのせたチューブのラクトバイトやヘアボールリリーフも飲めるように。

 

夕方にはペレット少しだけ食べて、牧草も少しだけ齧ってた。

 

しかもこの日!術後初ごろん!感涙・・・

f:id:hachiboc:20190417093500j:plain

 

さらにこの日、サプリアニマストラス」を勢いよくのみ、

ここから回復が始まりました!

アニマストラス 100ml

アニマストラス 100ml

 

 

●術後4日目

ペレットはほんの少しだけ、牧草ウェートヘイはよく食べている様子。

お水もすこーーーーーしだけ飲めてた。

この日からお水を少しずつ飲めるようになってきて、ホッ。

 

そして、術後のために買っていた牧草「イタリアンライグラス」

気に入ったらしく、なるちゃん爆食べ。

 

アニマストラスのおかげか食欲は増してきた様子。

そして、

夜にはペレットをようやく完食!!

 

この日からうんちも、小さいながら、数が増え始めました。

いいぞいいぞ!

 

●術後5日目

お水も半分以上飲めてるし、牧草もよく減ってる。

ペレットも完食! うんちもすっかり大きくなりました。

 

5日目でようやく全回復と言える状態になりました!

f:id:hachiboc:20190417093759j:plain

見てください、この初日と大違いの表情・・・

 

この日からはもうすっかり元気に。

7日目で抜糸にいって、お腹もきれいになりました。

f:id:hachiboc:20190417093836j:plain

 

気候がよかった(暑くも寒くもない)おかげもあり、

常にケージの温度管理を気にしていたので、身体への負担が少なかったのかも。

 

また、術後のケアとして意識していたこと。

 

・痛そうなときは少しケージの温度を暖かめに設定

・お水は直置きの方にアクアコール(水分補給のサプリ)を入れる

・術後すぐのうちは、動かないなど異変あれば早めに先生へ相談

・大好きなお野菜を準備しておく、食べられるものを増やしておく

・なるべく普段通りの環境と暮らし方にしてあげる

 

こちらが焦らずに、ゆっくりでいいんだよ〜とニコニコしていれば、

なるちゃんも安心して回復できたかなと感じました。。

 

とにかく!元気になってよかった!

 

これから長生きできるように私もがんばるから、

長く一緒に暮らしていこうね。

 

次回からは、なるちゃんとの普段の暮らし方について、

のほほほほんと書いてゆきたいと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

うさぎの避妊手術 〜当日までと手術日〜

さて、前回は 手術を決断するまでのお話 でした。

 

実はこの決断後、1度延期もありました。

 

当初は、2019年3月21日実行!とちょうど1ヶ月前に決定していました。

しかしながら、決断の電話を動物病院へかけたあとから、

なるちゃんは軟便が続いてしまい、一旦延期となりました。

 

今思えば、電話の内容を聞いていて

「手術しようとしてるから下痢になったろ」

とでも思ってたのではないかというレベルでした・・。笑

 

その後もしばらく軟便が続いていたのですが、

獣医さんからは「なるちゃんは確実にストレスで軟便をしてるから、

発情などのストレスで軟便になってることも考えて

避妊手術をしてしまった方がいいかもしれんなぁ・・・」と。

 

なるほど。それは頭になかったな。

発情・・春だもんね。相手いないのに

 

そして、しばらくして、4月6日になったとき。

軟便が少し落ち着いた。

 

ここから手術が1ヶ月先・・と時間があくと、私も不安が募るし、

思い切って明後日の「4月8日」にしよう!と獣医さんと相談して決断。

 

あああああああ明後日!!!!!

 

思い切ったものの当日まで不安でたまらず。

でもその不安をなるちゃんに悟られないよう、普段通りに接しました。

 

何も知らずにゴロンゴロンして遊んでるなるちゃんを見ると

心苦しい気持ちになったりもしたけど・・・

f:id:hachiboc:20190416105349j:plainめっちゃくつろぐやん

 

でも、これはなるちゃんに悪いことをするわけじゃない

 

避妊手術においては、

なぜ自然に逆らうの? かわいそう! そのままにしてあげたらいいのに!

というご意見も出てしまうところではあるけど・・

なるちゃんの親である私自身が一生懸命悩んで、

繁殖しないという自然のままではない環境の中で発情にイライラしたり、

偽妊娠を起こさせず、子宮疾患で苦しめないために「やるんだ」と決断したこと。

 

決して悪いことをするわけではないんだ!

と、自分に言い聞かせていました。

 

どの意見も間違いじゃない。

でもなるちゃんのことは私が一番よく知っているはずなんだから、

決断は「私」が下さなければならないのよ。

 

なるちゃんもそれを察知してくれたのか、とてもお利口にしていてくれました。

 

そして、「明後日」はすぐやってきました。

 

当日もいつも通りゴハンを食べ、しっかりした体調、うんちも健康的。

万全の状態でした。

 

キャリーに入れたらいつも通り絶望の表情を浮かべておりましたが。笑

 

12時に動物病院へ。

そのときに、術後のお水(サプリ入り)とか、

普段はあまりあげないオーツヘイなどの大好きな牧草とか、

色々準備していたのをお渡ししておきました。多分食べないと思うけど。

 

そして、少しでも気持ちが落ち着いたらいいなと思ってキャリーには

いつも使っている毛布を入れておきました。

 

17時にお迎えにきてあげてくださいと言われて、

私はソワソワして家に戻ることもできず、

近くの駐車場に車を停めてずーーーーーーっと待っていました。笑

万が一何かあったらすぐ駆けつけられるように、という気持ちも少しありました。

 

そして連絡がないのは良い便りなんだと信じて、

手術終わったかな?目覚めたかな?痛い思いしてないかな?とソワソワ・・

17時よりも早めに動物病院の駐車場についてしまい、

スタッフさんのご好意で待合室で待たせていただくことに。

 

 

「無事終わり、目も覚めていますよ。」

 

 

その言葉だけで泣きそうになりました。

そして、先生が来られて術後のなるちゃんと対面して

f:id:hachiboc:20190416111320j:plain

 

 (´;ω;`) ブワワワワ

 

まさかの号泣。笑

 

先生も「術前から飼い主さんが手術する顔してたもんなぁ〜安心したよね」

わかってくれますか。そうなんです、そうなんですよ。

 

なるちゃんはすっかり疲れきって。そりゃそうだよね。

よくがんばったね、えらいね。

 

腹巻きは、先生が考案してくれたもの。

せめて3日間は傷口を毟ったりしないように、と巻いてくれました。

あまりにもこれがストレスになるようだったら、3日待たずとってもよいと。

 

このとき先生は

「このテープはすぐ剥がれるようにできているので、とるときは、

 はさみを入れて、ぱかっと。毛にもくっつかずすぐ剥がれますよ

と言いました。

 

これ、後々大事なことなのでもう一度言いますね。

 

毛にもくっつかずすぐ剥がれますよ

 

覚えた?

はい。話を戻しますね。

 

 

顔周りは、術中瞬きができないことから、目の周りに軟膏を塗っていたため、

その痕のおかげで目の周りの毛もボサボサで、疲弊感を際立たせていました。

 

麻酔もまだ効いているからぼーっとした様子。

 

私がほかの方のブログなどで見ていた情報では、夜のうちに麻酔がきれ、

翌日頃から少しずつ回復していく子が多かったようです。

 

なので、とにかく今日は気をつけてみてあげて、

術後の食欲回復は本人にゆっくり任せてあげようと思っていました。

 

ただ、うさぎさんは24時間食べないと死につながるうえ、

水をとれないとさらに体調が転落していくと聞いていたので、

微量でも食べられるのかどうかをしっかり看なければ!と。

 

帰宅後もうずくまって一切動かず、心配で何度もケージをのぞいてしまう私と、

なるちゃんの闘いが始まりました。

 

次回、術後ケア悪戦苦闘編です。笑

 

 

※ちなみに今は抜糸も終わってとーーーっても元気なので、

 そんな怖い話じゃないですからね!!w

うさぎの避妊手術 〜決断まで〜

今回より、なるちゃん避妊手術編です。

検討〜決断まで、えらく時間をかけました。

 

同じように悩んでいる人がたっっっっくさんいると思います。

少しでもその悩みの手助けになれば、と思い、書き記します。

f:id:hachiboc:20190415182106j:plainなになに・・・

 

まず、うさぎさんの女の子は避妊手術を推奨する記事が多数見受けられます。

これについては、うさぎさんの女の子のみ、繁殖をしない場合、

3〜5歳を経過してからの子宮疾患率が9割を超えるという発表がされているためです。

 

しかし、どのうさ飼いさんも手術を悩む理由。

 

うさぎさんは、とにかく手術リスクが高い。

わんちゃん猫ちゃんの麻酔リスク(死亡率)が0.4%程度なのに対して、

うさぎさんは1.4%程度あると言われます。

 

しかし、実際は、麻酔で亡くなるケース・手術で亡くなるケースは殆どないと、

どの動物病院からも言われました。

 

また、うさぎさんは24時間食べないと死んでしまうリスクがありますが、

術後の回復が遅くゴハンが食べられないという懸念も。

 

しかしこれについても、強制給餌・点滴などで対応できます。

 

避妊手術をすれば、子宮疾患という高いリスクを排除でき、

将来長生きできる可能性が高くなるのです。

手術をしたから長生きできる確証はないですが、

いわゆる、ハイリスク・ハイリターンです。

 

それについて、動物病院で言われてジンときた言葉なので残しておきます。

 

将来のために手術を選ぶことも正解だし、

目の前のリスクを考慮して手術しない道も正解で、間違いじゃない。

飼い主さんとうさぎさんが幸せに暮らせるのがいいんだよ。

と言われました。

 

余計に迷いますよね。その気持ちも分かります。

 

また、上記はあくまで一般的な懸念リスクですが、

うちのなるちゃんの場合は様々なリスクが考えられました。

 

その中の一つが、「なるちゃん半身ハゲ事件」

 

昨年夏、少し下痢がでたときに行った動物病院で、

多くの検査を受けたあと、皮下点滴をうってもらいました。

初めてのレントゲンや血液検査、さらに点滴とストレスも凄まじかったと思います。

 

帰宅後から少し様子がおかしく、よく腕をかみかみしているようでした。

 

翌日から、あれっ?ちょっとハゲができてるなぁ・・・と思い

気をつけてみていたのですが、ものの数日で・・・

 

(一部の方にはショッキングな画像かもしれませんがご注意ください)

 

 

 

f:id:hachiboc:20190415175509j:plain

えええええなにしてんのおおおお?!?!?!(かいぬし戸惑い

 

しかもこれは・・・まだ序の口でした。

このあと、半身殆ど丸ハゲになるまで、ストレスで毛を毟っていました。

 

ちなみに、ご安心ください。

1週間程度で半身ハゲになったあと、しばらくそっとしておいてあげたら、

ものの2週間で殆どの毛を生やし、1ヶ月程度で見事に完治しました。。。笑

 

点滴でこんなハゲを作っちゃうような子が、術後、

傷口をかじったりせずに耐えられるのか?!という悩みが押し寄せました。

 

また、基本的になんでも齧る、壁も齧る、自分も齧るような子なので、

傷口やそこをおさえる絆創膏的なものにもイタズラをしそうだし、

エリザベスカラーも、以前布製のカラーつけただけでブチ切れしていたので、

術後ケアがどうなるかと・・・。

 

さらには、とんでもなく神経質で、ちょっとしたストレス・刺激から

ゴハンを頑なに食べなかったりする子だったので、

とにかく術後にうまくゴハンを食べるようになるのか、回復できるのか・・・

凄まじく不安でした。

 

さらにさらに、中には手術で怖い思いをしたことで、

飼い主との信頼関係が崩れ、攻撃するようになった・・ということも

ネットで調べていたら見つけてしまいました。

なるちゃんの反抗期みたいなのがまた戻ってきたらどうしよう・・・。

 

とにかくとにかく、不安でたまらなかったのです。

 

しかし、これだけネット情報を当てにして悩む前に、

まず動物病院へ行くべきじゃね?ということに気づいて、

私はその日から数日にわけて、なるちゃんは連れて行かず、

単独で5軒の動物病院を回りました。

 

詳細をお話すると長くなるので、まとめます。結果は以下の通りでした。

 

 

①動物病院A

特徴:初めての頃からお世話になっている近所の動物病院。

方針:検査や術後ケアはするが、手術自体は腕に自信がないからやりませんとのこと。

印象:②の病院Bを紹介していただいた。

 

②動物病院B

特徴:京都でうさぎの専門性随一と言われるところ。家から車で50分程度。。

方針:術前検査あり、術後は一泊二日入院、カラー必須・3日間は通院、12日後抜糸

金額:約3万5千円

 

遠いし、とにかく通院が多く入院もあるけど、しっかり看てくださる。

ただ、なるちゃんには多くの通院、入院、カラーのストレスに耐えられそうにないので断念。

 

③動物病院C

特徴:①の動物病院が休診のときにお世話になっていた年中無休の病院

   (なるちゃんがハゲになった点滴もここでした)

方針:術前検査・手術(術後の様子によって入院もあり)、7日後抜糸

金額:10万円〜15万円

 

えっ?高・・え???? やめとこ(即)

 

④動物病院D (近所歩いてて見つけた)

特徴:一番家から近い近所の動物病院、女性獣医さん

方針:学校飼育のうさぎさん以外の手術は非推奨。手術と抜糸以外入通院なし。

金額:3万2千円

 

初めて、あまり推奨しないよ、という意見がでた。

しっかりお話も聞いてくださったけど、術後ケアなどについてあまりお話ができず断念。

 

⑤動物病院E (ネットで探した)

特徴:家から車で15分程度。エキゾチックアニマルにも大変詳しい先生とのこと。

方針:手術と抜糸以外通院なし。カラーはつけない。

   基本術後に何もつけないが、ハゲ事件を聞いて、腹巻や術後服など

   様々な提案をくださり、親身にお話を聞いていただきました。

金額:3万7千円

 

正直金額なんていくらでもよかった。(10万以外)

だけど、どれだけ親身に聞いてくださって、提案をしてくださったり、

対応をしてくださるか、という部分において、動物病院Eはとてもよい印象でした。

 

やっぱり、複数の動物病院でお話を聞く、ということは

非常に大切だったと思います。

 

先生のお話を聞いて不安も少し落ち着きました。

 

やっぱり長生きしてほしい。

その後しばらく、私は悩みに悩み、ついに、

 

なるちゃんの避妊手術を決断しました。

 

手術も一度なるちゃんが体調を崩して一度決めた日から延期したりもありましたが、

次回より、手術本編を書いていきたいと思います。

 

お読みいただき、ありがとうございました^^

うさぎの反抗期

これは、これまでなるちゃんと一緒に過ごしてきて、最も苦しかった時期の記録です。

 

なるちゃんをお迎えして3ヶ月はただただ幸せな時間でした。

思ってたより早くなついてくれそうだな〜なんて甘いことを考えていました。

 

おそらく・・・うさぎ飼いさんは誰もが通った道ではないでしょうか。

その幸せな3ヶ月を経過したころくらいから、突然やってくる・・

反抗期。

 

絶望でした。

 

ゴハンは頑なに食べない

・牧草はすべて搔き出してすのこの下に落としてしまう

・手を出せば噛まれる

・何をしても威嚇される

・イタズラばかりして壁やものをひたすら齧る

 

まさに人間の赤ちゃんで言う、魔の2歳児みたいなもんじゃないでしょうか。

猛烈なイヤイヤ期でした。

 

これが、8ヶ月ほど続きました。

私は毎日噛まれて絆創膏まみれの腕や指を眺めながら、

一生なついてくれないまま、嫌われて終わっちゃうんじゃないかと考えて、

毎日毎日泣いていました。

ヘタレなもんで。

 

この時期は「躾」と「上下関係・信頼関係」を築く時期でした。

.....

 

私はかつて、実家で犬を飼っていたのですが、

犬はダメなことは「ダメ」と強く伝えて理解させることで躾け、

上手にできたら褒めちぎって信頼関係を築きました。

 

だからこそ、このイヤイヤ期についても格闘しました。躾をしようと。

 

反抗期があることも事前勉強で知っていたので、

とにかく色んなサイト・ブログや専門店の意見を聞き、育て方を考えていました。

 

躾の方法については色々と書かれていました。

 

今後病院へいくときやいざというときのためにも「抱っこ」を躾けておくことや、

うさぎは必ず反抗期でマウンティングを行い自分が上位に立とうとするから

そのときに自分が主人だぞ!とアピールすることなども書かれていました。

 

・怒っているときに名前を呼ばない(名前=怒られると直結させないため)

・怒るときは「ダメ」と低めの声を出す。

・顎のせをする(野生のうさぎ界でも行われるマウンティング)

・抱っこは思い切ってする、迷いがあるとうさぎも戸惑う

・抱っこになれさせるため、毎日のブラッシングは抱っこして移動しお膝で行う

 

・・・などなど。

私はまさに育児書の通り行動するかのように、全部試しました。

 

抱っこの躾のために、とにかく抱き上げられることが嫌いななるちゃんに

毎日噛まれながら無理矢理抱っこしたり・・・

できたら褒めちぎっておやつをあげて・・・

なるちゃんが噛んだりイタズラしたら「ダメ」と伝えて目をみて叱り、

なるちゃんの頭の上に顎をのせて「私が上なんだよ」と伝え続けました。

 

結果、信頼関係は地の底へと落ちました。

 

顎のせは有効だったと思います。

また、怒るときに名前を呼ばないことも、大切でした。

ちゃんと顎のせして「ダメだよ」と諭したあとは、

私と目を合わせてくれたりしていました。

 

しかし、なるちゃんはとにかく「抱っこ」がダメだった。

生後3ヶ月頃までは、何もわからないポヤポヤ期で、お膝の上にも簡単に乗ってくれたのにね・・・

f:id:hachiboc:20190413205721j:plain

 

そもそもうさぎさんは、補食される動物という野生の特性上、

・上からつかまれる=鳥につかまれた!

・地面から足が離れる=食べられちゃう!

という意識になってしまうんです。

困りましたね。

 

しかもこれはつらい話ですが、うさぎさんは「もうダメだ、食べられちゃう」

と察すると、苦しまず死ねるよう、自分で心臓を止める機能もあるんですって。

困りましたね。

 

そんな苦手なことを毎日訓練されて、嫌がってるのをつかまれて、

そーりゃそんなかいぬし怖いよね。嫌だったよね。

 

それからというもの、手を出せば噛まれ、逃げられ、威嚇され、

どんどんイヤイヤさんも本領発揮し始めて、手がつけられなくなっていました。

 

そこで私は、色んな専門店や獣医さんに相談して決断しました。

育て方をかえよう。

 

そうだ。なるちゃんはなるちゃん。性格だってそれぞれなのだ。

なるちゃんに合った育児法をしよう!!

 

・なるちゃんが嫌なことは絶対にしない

もう、抱っこ訓練やめました。

抱っこできなくても生きていける。大丈夫。

しばらくは手を出すだけで威嚇されていたので、

なるちゃんが嫌がって威嚇したら「ごめんね」って言ってすぐに遠ざかる。

なるちゃんが近づいてくるまで触らない。徹底しました。

 

・ブラッシングは床でやる(膝のせ・抱っこはしない)

抱っこしてやる、膝の上にのせてやる!なんて、別にしなくていい。

床に寝そべってるときにブラッシングしてやるようにした。

 

最初はブラシをみるだけでフラッシュバックしたのか嫌がっていたのが、

少しずつ「気持ちいいんだ」と気づいて、そのうちブラッシングが大好きに。

今は、ブラッシング中にお腹を見せちゃうくらいです。

f:id:hachiboc:20190413205210j:plain

 

・噛まれたら必ず顎のせして、静かに諭す

菩薩モードに入っても、上位マウンティングだけは絶対させない。

このスタイルだけは崩さないようにしていました。

 

・叱る要素を減らす

網目状のサークルを齧ってしまうなら、透明な板にして齧れなくしよう。 

ユーザー (USER) ペットフェンス 50×70cm(8枚組)

ユーザー (USER) ペットフェンス 50×70cm(8枚組)

 

 

ケージを齧ってしまうなら、齧り防止の木をたくさんつけよう。

KAWAI C・A・T がじがじフェンス Sサイズ

KAWAI C・A・T がじがじフェンス Sサイズ

 

 

なるちゃんを叱る=叱らないといけない状況を作ってしまっているのだ。

と考えるようにして、原因を撤去・変更するようにしました。

怒らないでいい環境を作るために、

いくら出費したかは思い出したくもないですね^^

 

ゴハン食べないなら食べるゴハンを探す

牧草を搔き出すのは、なにか気に入らない味だったのではないか。

大人になるにつれ少しずつ食べ物の好みも変わってくる。人間も同じ。

それなら色んな牧草を試そう!と、何種類も買ってきて試しました。

 

今落ち着いたのは、この二つの牧草。

 

・ゴールドチモシー2番刈り

アメリカンペットダイナー チモシーゴールド2番刈り680g
 

 

・牧草市場のウェートヘイ

 

 

うちの子はどうやら固い一番刈り牧草が苦手だった様子。

また、牧草を入れ物に縦にして入れていたのですが、それも嫌だったようで、

横向きにきれいにそろえて入れると食べました。

 

牧草入れもいくつも変えました。4種類は買い替えたかな。

最終的に、ログフィーダーに落ち着きました。食べやすいみたい。

SANKO 949 牧草ログフィーダー

SANKO 949 牧草ログフィーダー

 

 

買った牧草の中には、全然食べなくて新品のまま捨てたものがいくつもありました。

いくら出費したかは思い出したくもないですね^^

 

・毎日大好きだよと伝える

今も欠かさず続けています。

毎日、なでなでして、大好きだよって伝えること。

 

うさぎさんは、言葉の意味そのものは分からなくても、

その言葉の「愛情」を感じ取っているように思います。

.....

 

これらすべてを、噛まれながら毎日続けること8ヶ月。

つらかった。苦しかった。

きっとなるちゃんも、同じくらいイライラして苦しかったはず。

 

そして・・・1歳を目前にする頃、突然甘えんぼになる瞬間がやってきました。

噛まなくなり、威嚇もなくなり、毎日なでなでを要求し、お腹をみせ・・・

自ら寄り添ってくれる・・・・。

f:id:hachiboc:20190413211525j:plain

 

こんな喜びが今まであっただろうか。

生きててよかった。生きててよかった。そんな夜を探してる。(byフラカン

 

二人で乗り越えた反抗期。愛情がさらに深まりました。

なるちゃんと築き上げたこの信頼関係が、さらなる将来・・つまり

長生きのための「避妊手術」を考えることに繋がりました。

 

避妊手術についてはいくつかの記事に分けて次回から書きますね。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

うさぎを我が家へお迎えするまで

私がなるちゃんをお迎えするまでにしたこと。

 

この準備は、うさぎさんをお迎えするにあたって、

ひっじょおおおおおおおおおおおおに大切なことだったと、今も感じています。

 

かわいい〜小動物だから飼いやすい〜なんて侮っていてはいけない。

うさぎさんは、難しい。そして想像以上にお金がかかります。

 

私がした準備はこれ。

 

①うさぎの勉強とイメトレ

②マンションで飼うための準備

③スペースの確保

④動物病院探し

⑤ペット保険の準備

⑥金銭面の確認

 

⬇️詳しく内容を書いていきたいと思います⬇️

 

①うさぎの勉強とイメトレ

どんな性格なのか。どんな病気にかかりやすいのか。

それらをすべて加味したうえで、私が飼えるのか。

 

・神経質で臆病

・ストレスがたまりやすい

・音に敏感、大きな音がする環境は難しい

・ストレスがたまりやすい

・ソアホック、斜頸、下痢などかかりやすい病気が多くある

・寒暖差に弱く、暑さは特に弱い

・ストレスがたまりやすい

・体内時計がしっかりしているので遊ぶ時間・ゴハンの時間は決まった時間に

・だいたいストレスがたまりやすい

 

調べれば調べるほど、とにかく「ストレス」が大敵。

そのストレスを感じるポイントも様々で、構いすぎてもダメ、放っておきすぎてもダメ、大きな音もダメ…と、うさぎの難しさを痛感していました。

 

脳内で、我が家はこういう特性があるけどうさぎさんに負担にならないかなとか、

こういう生活リズムでストレスにならないかなとか、色々イメトレもしました。

 

けれど、幸いにして田舎で静かな環境であること、私以外の人間がいないこと、

一人暮らしという自由度の高さで何なり対応できることから、決断へ。

 

今になって思うことは、慣らしも大事。

飼い主が神経質になりすぎたらうさぎも神経質になる。

 

②マンションで飼うための準備

これはうさぎさんをお迎えしたいなと思った瞬間管理会社さんに連絡しました。

ペット不可のマンションですが、うさぎさんはOKですか?と。

そしたら「うさぎさんなら鳴き声もないしいいですよ、だいたい鳴き声で問題になるからNGにしてるんです。ちゃんと許可とってくださったから、大丈夫ですよ」と、寛大なお言葉をいただけました。

管理会社さんありがとう!!!!!!!

ちゃんと相談すればいい!

 

嘘をついて勝手に飼うのはダメ絶対!

 

③スペースの確保

1Kのマンション、部屋の確保ができるかどうか。

ケージ生活をしてもらうけど、朝夕遊びと掃除タイムを入れるために遊ぶスペースも確保しなければ。

 

なお、今となっては部屋全体がなるちゃんのために設計されています。

(写真のテーブル上がごちゃってるのは、いたずらされるものを届かないところへ移動させた結果w)

f:id:hachiboc:20190413141253j:plain

まず、エアコンの風が直撃しなくて、かつ直射日光があたらず、

うるさい生活音のある場所から少しでも遠ざけた配置を考えました。

冬につけるヒーターのことなども考慮して、コンセントが近くにあることも。

我が家はエアコンの真下ですが、風が直撃しないようカバーと、風向調整でどうにかしています。

 

ケージに温湿計をつけて、常に管理。

ちなみに我が家は、

 

夏はクーラー24時間で、室内22〜24度までで調整。

湿度は70近くなってきたら除湿器オン!

なるちゃんは気温も湿度もそれ以上になるとぐったりしちゃう。

 

マンションどうしても壁薄いので湿度あがりやすいんですが、梅雨時期はクーラー除湿と除湿器フル稼働。

電気代とか気にしておれん!!! 飼い主は寒い!!

f:id:hachiboc:20190413141217j:plain

 

ちなみに冬はケージにカバーと毛布をかけて、ケージ内にヒーター。

20〜22くらいを保てるよう、サーモスタットで調整してます。

寒がりさんなのか、18度以下になると寒そうにしているので、

へやんぽの時もできる限り暖房で20度を保っています。

 

温度設定は諸説ありますが、正直個体差あります

それぞれ試行錯誤して、我が子に一番適した温度を探してあげてくださいね。

 

④動物病院探し

うさぎさんは、わんちゃん・猫ちゃんと違ってエキゾチックアニマルという部類です。

 

すごい名前だな、エキゾチックアニマル。って思うけど、重要なこと。

わんちゃん猫ちゃんと違って診察も難しいし、そこに特化していたりお詳しい獣医さんは、正直少ないです。。。

 

そのため、近所に動物病院があったとしても、そこでエキゾチックアニマル」を診察しているかどうかは別!!

しっかり下調べして、ホームページを確認して、ついでに口コミもみておく。

 

私は結局、下調べしていた近所の動物病院から、一度別の休診日がない大きな動物病院へ移りましたが、異常に検査が多く医療費が高かったので・・・

現在はエキゾチックアニマルにも詳しく親身になってくれる先生のところへ移動しています。

 

⑤ペット保険の準備

正直高いし加入するか否かめちゃくちゃ悩みましたが、ハッキリ言っておく。

うさぎさんを飼うなら、ペット保険は入っておこう。

私の個人的見解ですが、やっぱり些細なことで病院へかかることも多く、

うちのなるちゃんは特にお腹が弱かったりで何度も胃腸障害や下痢で

8千円〜1万円飛んでいくのはザラでした。

その都度保険を申請できる安心感。

 

ちなみに私はアニコム保険に加入中です。

LINEで保険金申請ができる手軽さと、提携している動物病院なら保険証出して窓口で負担を減らせるメリットもありました。

ただし保険料高い。マジで高い。毎年白目向いてます。

 

こればっかりは、色々調べて、自分に一番合うものを選んでくださいね。

 

⑥金銭面の確認

これ、一番重要な確認でした。

毎月だいたいゴハンや消耗品でどれくらいかかるのか、

ゴハンは何が必要なのか、その月々の出費で生活していけるか、

突発の出費があったときに対応できるか・・・などなど。

自分の収入と計算した結果、

いける。

と判断できました。

 

なお、ここから成長するにつれうちの子はどんどんグルメになり

どんどん牧草をかえたりゴハンの種類をかえたりサプリをかえたりしたのと、

あれを買ってあげよう、これもあったら便利、が増えていって、

出費は結果的にめちゃくちゃ大きくなりました^^

f:id:hachiboc:20190413141057j:plainバナナうめえ〜

 

幸せな出費ですけどね。ふふ。

この子のためなら、今まで買ってたビールも、発泡酒にかえようと思えました。

 

--------------------------------------------------

 

長くなりましたが、そんなこんなで、初期準備、とーっても大事でした。

最初に心構えをしておくこと、マイナスな部分をきちんと調べておくことで、

責任感も持てましたし、安心感にもつながりました。

 

しかし!

 

お迎えしたあと、もちろん可愛いだけでなく、

どんどん不安はふくらみ、どんどん苦しくなる時期がありました。

うさぎさん特有の時期かもしれません。

乗り越えるまで毎日泣いていた約半年間・・・

 

そのお話はまた次の記事にて。

 

読んでくださってありがとうございました!